ユーティリティの飛距離で200ヤードも楽々

今やクラブセッティングで無くてはならないユーティリティ
ユーティリティの飛距離
グリーンまで残り200ヤードとなると、ロングアイアンかショートウッドの出番になるが、アベレージゴルファーにとってロングアイアンは一番苦手といってもいいほど打てない人が多い。

ロングアイアンがなぜ苦手かというと、

ロフトが立っていてヘッドは小さく、シャフトも長い、飛距離も出さないといけないことがプレッシャーになってミスショットの確率が非常に高くなる。

フェアウェイウッドも難しいクラブのひとつ。

フェース面積が小さくシャフトが長いのでショットの技術がないと上手く打てない。番手ごとの飛距離も正確に打てないので5Wと7Wで飛距離が変わらないというゴルファーも少なくない。

そこでオススメなのがユーティリティ!

ユーティリティ(UT)は、アイアン感覚でスイングでき、フェース長も長く大きい、なんといってもフェアウェイウッドに比べシャフトが短いためボールに当てやすくミート率がアップする。

つまり、

ユーティリティーは、
初心者ゴルファーでも比較的安定して飛距離を出せるお助けクラブといえる。

ロングアイアンが苦手でフェアウェイウッドもイマイチ、そんな人は是非、ユーティリティ使ってみることをおすすめします。


ユーティリティはロフトで選ぶ

ユーティリティはウッドとアイアンのロフト差を考えて選ぶ
ユーティリティはロフト
通常クラブを選ぶときには、3番ウッドとか、3番アイアンとか番手で選ぶ。

しかし、

ユーティリティを選ぶ際は、番手よりロフトを重要視して自分に必要なユーティリティを選ぶようにする。

そもそもユーティリティは、ウッドとアイアンの間を埋めるクラブ

たとえば、クラブセッティングでウッドが1W、3W、5W、アイアンは5Iからだとするとユーティリティの番手で選ぶとU3、U4という感じになる。

しかし、5Wのロフトが18度、5Iのロフトが25度とした場合、おすすめのロフトは20度と23度になるが、番手で選んだU3、U4が18度と20度だったりすると飛距離にムラができてしまう可能性がある。

つまり、

ユーティリティは、
ウッドとアイアンの飛距離差を打ち分けるために必要なクラブなので、
番手よりロフトを重要視する方がより距離を打ち分けやすくなると言うことになる。



ユーティリティの打ち方

アイアン型ユーティリティが定番クラブのひとつになる
ユーティリティの打ち方
一般的にアマチュアには難しいと言われているアイアン型ユーティリティ。

しかし、うまく使えばアイアン型ユーティリティは強い味方になる。

アイアン型ユーティリティーの特長は、ポールが吹き上がらないこと。だから狭いティーショットや風の強い日など距離を出したいけど曲げたくないと言う時に使える。

アイアン型ユーティリティは、ロングアイアンに比べて非常に優しくボールを打てるので、迷いなく思い切って振っていけるのも大きなメリット。

今やアイアンセットから3番4番のロングアイアンが消えていく流れを考えると、アイアン型ユーティリティが定番クラブのひとつになるのではないでしょうか。


おすすめユーティリティのセッティング

あなたはユーティリティー派、それともウッド派
アイアンよりも楽にボールを上げて止められる、ユーティリティを上手く使ってやさしくゴルフを楽しもう。

ユーティリティ派におすすめのセッティング

アイアンを5番まで抜いてロングアイアンを全てユーティリティに変更。
200ヤード前後を確実にやさしく狙っていきたい人におすすめのセッティング。

ウッド 3本
1W+3W+5W
ユーティリティ 3本
U19+U22+U25
アイアン 4本
6I+7I+8I+9I
ウェッジ 3本
PW(46°)+AW(52°)+SW(58°)

ウッド派におすすめのセッティング

ドライバーが得意で長いクラブが苦にならない。ダフリが多くアイアンが苦手。楽にボールを上げられて飛距離とキャリーを稼ぎたい人におすすめのセッティング。

ウッド 5本
1W+3W+5W+7W+9W
ユーティリティ 1本
U25 or U27
アイアン 4本
6I+7I+8I+9I
ウェッジ 3本
PW(46°)+AW(52°)+SW(58°)
Top へ